NASサーバー/ファイルサーバーの奨め >  NASのハードディスク > NASのハードディスク

 NASのハードディスク

NASのハードディスク

情報共有に便利なファイルサーバー、NAS。
ここでは、NASに使われているハードディスクについてみていきます。

<NASのハードディスク>

NASは、ネットワーク接続ストレージのことで、ネットワークに直接接続して利用することのできるファイルサーバーです。
RAID機能や容量等で、個人利用に向いているNAS、企業で複数の部署や複数人で利用する場合に向いているNASなどがあります。

RAIDは、分かりやすくいえばデータを守る機能、容量はハードディスクの容量で決まります。
利用する目的、利用するデータの大きさ、利用する人数などを加味して、最適なNASを選んでいきましょう。

<NASのハードディスク比較>

ただ単にデータを格納したい、バックアップは別にとるから、とにかく安く利用できるNASを、ということであれば、オススメなのは、1ドライブのNASです。

ハードディスクが一枚しかないので、既存のハードディスクが壊れてしまうと、最新のデータがなくなってしまいます。
価格が安いので、二次的利用や、一時保存、消えてしまっても差し支えないデータ等であれば、問題なく運用できます。

・バッファローのネットワーク対応HDD(NAS)
LS-XHLシリーズ
1TBで26400円とおてごろ価格のNAS,高速転送で、テレビ録画した映像をダビングし、ネットワーク機能を活用して、家中好きな場所で再生することができます。(設置は必要)

<個人向けNASのハードディスク比較>

バックアップの必要性は感じるけど、わざわざ別のファイルサーバーを用意したくないという個人ユーザーにお勧めなのが、RAID機能付きのNASです。

Raidとは、一台のハードディスクを複数台あるように運用することで、そのうちの一台が破損・故障してもデータが生き残っている機能を表します。

ただ、現在のところRAIDが原因の故障などもありますから、バックアップはとっておくに限ります。
1日1回、1週間に1回でもいいので、外付けHDDに保存しておきましょう。

・アイ・オー・データ機器のRAID対応NAS
HDL2-Gシリーズ
家庭での利用に嬉しい静音設計です。さらにコンパクトなので、パソコンデスクの足元にスッキリおいてみてはいかがでしょうか。置き場所に困りません。
価格は、1TBで31700円。

<企業向けNASのハードディスク比較>

企業向けNASでお勧めしたいのは、省エネ設計で、NASの設置が簡単に行えること、丈夫なことです。
企業間での利用は、データのやりとりを大幅に効率化します。サーバーの負担も減りますね。

・バッファローのNAS
TS-XEL/R5シリーズ
大容量、高速転送、Raid、構築がかんたん。
障害時も電源を落とさずHDDの交換が出来ます。
2TBで85000円。