NASサーバー/ファイルサーバーの奨め >  SANとNASについて > SANとNASについて

 SANとNASについて

SANとNASについて

SANとNASについてすらすらと説明できますか?

一緒に見ていきましょう。

<SAN>

SANとは、ストレージエリアネットワーク(Storage Area Network)の頭文字をとった略語です。
具体的に、SANの役割をみていきます。

ストレージエリアネットワークは、(外部)記憶装置とコンピュータを結ぶネットワークで、高速に転送します。
複数台のサーバーやパソコンを用いる場合、大容量のデータの送受信を行う場合、データ共有する場合に多く用いられます。
データ転送が高速なので、業務にストレスを感じrことなく作業ができます。

<NAS>

NASは、ネットワークストレージ(Network Attached Storage)の頭文字をとったものです。
NASはファイルサーバ専用機でネットワークに接続して使用します。
ネットワークの利用環境があれば、いつでもどこでも、ファイル共有、データ共有することができますので、部門間、個人間のデータのやりとりが減り、容量制限を気にすることなく作業することができます。

セキュリティを意識したRAID機能の付いているNASがお勧めです。