NASサーバー/ファイルサーバーの奨め >  NASのradius > NASのradius

 NASのradius

NASのradius

NASのradiusについてみていきましょう。
RADIUSとは、ダイヤルアップ接続で使われるプロトコルです。

<NASのradius>

RADIUS(ラディアス)は、ネットワーク利用の可否及び、利用記録を取得するプロトコルです。
もともとダイヤルアップ接続の際に利用されていたサービスですが、無線LANやVLANVirtual Local Area Network)サービスを提供する側で、認証・アカウンティングするプロトコルとして、現在も利用されています。

NASを利用する場合、AAAサーバー(認証、認可、確認を行うサーバー)とともに使われることが多く、よってRADIUSがよく利用されています。

■その他、RADIUS利用方法

ISP(インターネットサービスプロバイダ)は、PPTPを受け入れる為のNASデバイスをj保有しています。
ユーザーがISPを経由してインターネットへアクセスするための認証をアカウンティングの要求をしています。

また、キャプティブポータル機構も該当します。
ユーザーがインターネットに接続しようとして、まだ認証を受けていない場合に、アカウント(ID)やパスワードの入力を要求する役目を持っています。
ネット接続したいユーザーが必要事項を入力したあと、それらの情報をNASサーバーへ送ります。
その後、NASサーバーがAAAサーバーにアカウント情報を渡し、認証・承認の手続きを行います。