NASサーバー/ファイルサーバーの奨め >  xp ファイルサーバー > xp ファイルサーバー

 xp ファイルサーバー

xp ファイルサーバー

Windows 7が発売されたばかりですが、まだまだ現役で使っているWindows XP。
Windows XPでのファイルサーバー構築方法などを見ていきましょう。

<Windows xp ファイルサーバーでできること>
・Windows xp ファイルサーバーをつかったデータ管理・共有
・ファイルへのアクセスレベルを設定できる
・ファイルへのアクセスレベルを管理できる
→諸機能状態では「常に有効」となっています。個々にアクセスレベルを設定することができます。
・ローカル、ネットワーク、どちらでも共有が可能

<xp ファイルサーバーの構築>
まず、ファイルサーバーを用意します。
次に、ファイルサーバーで利用するアカウントを取得します。
そうしたら下記に様に設定します。
・簡易ファイルの共有を使用する→OFF
・ゲストアカウントの状態→OFF
・ネットワーク経由でコンピュータへアクセスを拒否する→ゲスト追加
・ネットワーク経由でコンピュータへアクセス→アカウント追加
・共有アクセス許可→アカウント追加

<xp ファイルサーバー ガイドライン>
XPファイルサーバーを安全に利用するためのガイドラインです。
ファイルサーバーにアクセスできるルートは、他のリモート ユーザーが必要とするフォルダのみを共有
するといいでしょう。
システムドライブルートからのアクセスを許可すると、関係のない、悪意ある他者からの攻撃を受ける可能性があります。

<xp ファイルサーバー 問題点>
まず、専用サーバーではない点が挙げられます。
手軽にファイルサーバーを利用したい、そんな時は、余っているパソコンなどをサーバがわりに使う人も多いでしょう。
しかし、元々サーバーとしてつくられていないパソコンでは、ハードウェアに関連するトラブルが起こりやすいです。
室温管理、空調管理などの徹底が難しいうえ、24時間稼働させることでケアも必要です。

そして、ファイルサーバーの容量です。
メモリを増設しても、動画や画像など大容量のファイル保存には適していない場合があります。
将来使うであろう容量分の予測をきちんと計画し、よゆうのあるサーバー構築を目指していくことで、この手のトラブルは回避できます。