NASサーバー/ファイルサーバーの奨め >  自宅ファイルサーバー > 自宅ファイルサーバー

 自宅ファイルサーバー

自宅ファイルサーバー

サーバーを自由に使いたい、制限なく使いたい、ということで、自宅にファイルサーバーを設けている人がいます。
レンタルサーバーのコストも安くなってきているので、レンタルサーバの範囲内で運用できるうちは問題ありませんが、将来容量が足りなくなってしまったときなどの為に、自宅サーバーのメリットなどを紹介します。

<自宅ファイルサーバーとは>
自宅サーバは、まさに個人利用を目的として設置されるサーバーのことで、パソコン、webなどの趣味が講じて、ファイルサーバーの設置、ファイルサーバーを自作した人のサーバのことを言います。

サーバに用いる機器ですが、サーバーマシンを用意する、パソコンをサーバーとして利用する、ファイルサーバーのNASを使う方法があります。
自宅で運用するため、温度管理・湿度管理・騒音対策・電気代などを考慮する必要があります。

<自宅ファイルサーバーのメリット>
自宅ファイルサーバーを保有するメリットとしては、機器とやる気があれば、あまりコストをかけずに自分専用のサーバを持てるところです。
レンタルサーバと違い、容量に特に規制がなく、他者(レンタルサーバ会社)により、急に使用できなくなることもなくなります。

ファイルサーバー、メールサーバー、webサーバー、FTPサーバーなどは自分でサーバー構築することも可能です。

<自宅ファイルサーバーのデメリット>
デメリットは、手間と時間がかかるということです。
得意分野の人であれば楽しい作業となりますが、予備知識のない状態でサーバーを自作しようとするとかなりの労力を費やします。

また、サーバーを自作した後も、24時間起動し続けるので、サーバー自体のメンテナンスや、火災・漏電への配慮、騒音対策、電気代など、問題になってきます。