NASサーバー/ファイルサーバーの奨め >  NASの転送速度 > NASの転送速度

 NASの転送速度

NASの転送速度

ファイルサーバー等のデータを保存・管理するシステムにおいて、容量の次に転送速度が気になります。
もちろん、価格もありますが。
そこで、NASの転送速度に焦点を当てて、NAS比較していきたいと思います。

<転送速度がはやいと・・・>
転送速度は速いにこしたことはありませんが、NASの転送速度が早いと以下のメリットがあります。
たとえば、データのコピー、バックアップや仕事で活用するのに、データを移動させることがよくあると思います。
その時、データの保存だけで数十分とかかってしまうようでは、仕事がはかどりません。
また、NASの特徴の一つに「動画」の保存・再生があります。
せっかくの動画なのに、再生時に画面が途切れがちだったり、動きがぎこちないようでは残念です。

転送速度の速いNASを選べば、データのバックアップも動画の再生もストレスをあまり感じずに行えますね。

<NAS 転送速度の算出方法>
NASの転送速度について、メーカーから発表になっているものもありますが、実際にそうなのかどうか、調べたくなりませんか。
そんな時のNAS転送速度の計算方法です。

1.NASをつなげる
2.NASをひらく(マイコンピュータから)
3.測定するファイルを開きます
4.アドレス欄にあるUNCをコピーしてとっておきます
5.NASにあるファイルをローカルにコピペして移動します。

<転送速度の速いNAS製品>
・LS-XHLシリーズ(BUFFALO)
バッファローのリンクステーションです。
転送速度は最大で66MB/sの高速転送モデル。ちなみに容量は500GBから2TBまで。
家庭での利用にも最適な理由は、レグザで録画し他テレビ番組や動画をLS-XHLシリーズにダビングできるところです。
DLNAサーバ、WEBアクセスが標準装備なのもポイント高いです。

・TS-XL/R5シリーズ゙(BUFFALO)
バッファローのテラステーションです。
高額ですが、RAID機能もあり、バックアップやレプリケーションもあり、大事なデータを保存しておくには最適なNASです。